スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | -
 
 

090821

 
福岡・甘木市という小さな市にある「甘木観光ホテル」内で、安く観劇が楽しめるとの事で早速高速ブッ飛ばし向かう。実はちょっとバカにしていたけども、果たして劇場内は満員御礼。開園後しばらくは観客もペースが掴めず舞台を静かに見守る程度であったが、次第に盛り上がりを見せ最後は拍手喝さいで幕を閉じた。飯も食えて風呂にも入れる、これであの価格。子供がもう少し大きくなったら、是非家族で行きたい。
author: bozz-mania
- | permalink | comments(0) | -
 
 

090818

Image108.jpg
テレビコマーシャルされている『DeHub』という商品が気になっていた。平らな面に吸盤を付け、吸盤を右に60°回転させるだけで、驚異の吸着力をもって壁面にくっつくという優れ物。洗面所にタオルハンガーが欲しいと思っていたので購入。1,000円弱。早速取り付けてみる。取り付けてみて「ん。場所イマイチ」と取り外そうとして、もう外れない。というくらいの吸着力。驚異的。噂は本当だ。
author: bozz-mania
- | permalink | comments(1) | -
 
 

090816


沖縄に住む義理の姉がドラゴンフルーツなる物を送ってくれた。お盆に福岡に帰ってきた義理の姉との雑談の際、僕が「ドラゴンフルーツとは、なんぞや」と言ったのがきっかけ。果たしてこのグロい見かけとは裏腹に、果実はほんのり甘酸っぱく、言うならばキウイフルーツを優しい味にした感じ、といったところか。実がピンクの物ほど甘いとの事であったが、残念ながら送ってもらった物全て、白だった。

author: bozz-mania
- | permalink | comments(0) | -
 
 

090814

Image173.jpg
先日我が家に遊びに来た兄ファミリーから貰ったお土産を開けてみる。もみじ饅頭。ズーミンもみじ。ズームインSUPERから誕生したらしい。詳しくは知らないけども。このお土産を僕に手渡したときの兄は、本当に得意げな顔をしていた。『あの』もみじ饅頭だぜ、といった風だった。僕はズームインSUPERをほとんど観ない。悪いね。
author: bozz-mania
- | permalink | comments(0) | -
 
 

090813

 今朝6:30に起き、兄家族を送り出した。今日は大分にある「ハーモニーランド」へ姪っ子達を連れていくとの事。家族サービスも大変だ。僕たちも奥さんの実家へ。今年の春に亡くなった奥さんのばあちゃんの初盆参り。
真昼間からビールやら何やらアルコールで胃を消毒。あまり関係性が取れていない親戚と死に物狂いでトークを弾ませ、明日も朝6:30から仕事の僕は奥さんと子供を実家に残し我が家に帰ってきた。というわけで、そろそろ寝なきゃ。
author: bozz-mania
- | permalink | comments(0) | -
 
 

090812

広島に住む兄家族が、僕の家に遊びに来た。お土産に一風変わったもみじまんじゅうを貰った。さて、早いもので姪っ子も小学3年生と保育園。下の子も来年から小学生。今まで人見知りしていた上の子が人見知りをしなくなっていて、下の子が人見知りをするようになっていた。下の子は挨拶すら恥ずかしがってまともに出来ない。そんなもんだったかな、あの頃って。
author: bozz-mania
- | permalink | comments(0) | -
 
 

090809

 ずっとPCが壊れていて、ブログ更新出来なかった。やっと復元完了。
author: bozz-mania
- | permalink | comments(0) | -
 
 

090603

Image147.jpg
久しぶりに野球見に行って来た。そして見に行った試合では、久しぶりにSoftBankが勝った。勝利の花火はイイ。
author: bozz-mania
- | permalink | comments(0) | -
 
 

090530

 
新生児黄疸(おうだん)の数値が高く、今日から24時間入院することになった。経験者はお分かりだろうが、あの保育器のような光照射器?に入れられた我が子を見るのは、本当に本当に辛い。そして、その機械の中でワンワン泣いているのを見ると涙が出そうになる。ふと奥さんの顔を見ると…ダーダー泣いていた。新生児黄疸はたいていの赤ちゃんに出る事だから心配はいらない、と医者に言われても、それでも心配。どうか、どうか明日には黄疸の数値が下がっていますように。と祈りながら僕は1人、1時間半かけて自宅に帰った。
author: bozz-mania
- | permalink | comments(4) | -
 
 

090526

 
夕べは、夜中3時くらいから夜泣きが始まり、結局僕たち夫婦は朝までほとんど眠れなかった。これは予想以上に大変だぞ。しかし、泣いている顔でさえ愛おしく思えるから不思議。親バカ。いや、バカ親か。
author: bozz-mania
- | permalink | comments(0) | -
 
 
Admin: Login
Meta: RSS1.0, Atom0.3